あまたのスタッフブログ「スキー部作りました!」

*English translation below

社内の有志活動サークルは数あれど、ありそうでなかったスキー部。

作ってみたいと思いながらも、
・スキーに行く人がいるかどうかわからない
・いたとして何人もいるかわからない
・オフシーズンは完全に沈黙する
などと二の足を踏んでいたところ、
社内SNSに「那須へスキーに行ったのでお土産を買ってきました」の投稿が!!

「お土産」に付随する「那須」「スキー」という文字。
——–ありがたい、非常にありがたい!
「これは!」と、チャンスを感じつつもまだ慌てるな。行く人がいたというだけ。

しかしその投稿へ「社内に滑れる人どのくらいいるんだろう?」というレスがつく。
——–ありがたい、非常にありがたい!
「これは!?」と、チャンスがおぼろげな確信へ。

その後他の参加者のレスもあり、いくらかのスキー談義を経て、めでたくスキー部設立とあいなりました。 見切り発車したスキー部ですが、今シーズンの活動にむけてがんばります。
(あと1か月 σ(^_^;)アセアセ…)

(ご飯の人)

Announcing the Ski Club!

As you might know, our company has a number of optional club activities.  For the longest time I’ve  always wanted to make a  Ski Club, however:

・I wasn’t sure if there was anyone else who wanted to ski
・ Assuming there were, I wasn’t sure how many people would be interested
・ There would be nothing to do during the off-season
These thoughts kept me from actually making the club, until I read the following post on our company’s internal social media platform: “Just got back from my ski trip in Nasu and brought back  souvenirs.”

Nasu. Ski. Souvenirs.
——–I’m so glad! Thank you so much!
This is it. This is what I’ve been waiting for. But I had to stop myself from getting too worked up; this still only meant that there might be one person who is willing to join…

But right under the original post was the reply: “I wonder how many people here can ski.”
——–I’m so glad! Thank you so much!
Is this it!? What started as a mere thought turned into a vague feeling of conviction.

A few more replies followed afterwards from other people discussing about skiing and as the chatter continued, this thread became the exciting start of the Ski Club! Although this may be jumping the gun a bit, I’d like to announce the Ski Club.  Our aim is to start our activities during this season.
(Only just a month left σ(^_^;)  *sweats*…)

(The Rice Man)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする